メリットとデメリット【UR賃貸】

近頃はTVCM等でもよく見かけるUR賃貸ですが、実際の所、UR賃貸ってどうなんでしょうか?費用面を始めとして、何かとメリットの多いUR賃貸ですが、実は家賃自体を一般の賃貸と比較してみると、若干割高なところがあるのも事実。

ぶっちゃけ家賃自体は高いです。

ですから、費用の点のみでUR賃貸を選ぶのは大きな間違いです。

UR賃貸を借りる際には、今一度そのメリットとデメリットを良く検討しましょう。

メリットとしては、礼金、仲介手数料、更新料、そして保証人が不要です。

初期費用に関しては通常の賃貸に比べかなり安く済ませる事が可能です。

また、保証人が不要なので条件さえクリアすれば誰もが借りることが可能です。

さらに、退去時には敷金をきっちり返してくれるのもありがたい所。

他にも、ワンルーム、ファミリー向けどちらも部屋がとても広い。

最新の設備が導入されている物件が多い。

立地が優れている。

管理体制も万全、等のメリットを上げることができます。

対するデメリットについてですが、まず先にも書いた通り家賃が割高です。

これは、保証人が不要、礼金、更新料が不要ということの裏返しと言えるでしょう。

また、UR賃貸物件の多くは大規模集合住宅になるので、必然的に各種営業の勧誘、チラシなどが多い蛍光にあるようです。

また、保証人不要のため、外国人の入居者も多く、隣人がどんな人か若干不安、ということもあるようです、、、。